VISITS Design-Tech Company

TOP / News / 電通と連携し、企業向け意思決定サービス「WE.CAPTURE」を共同で提供開始―新型コロナがビジネスに与える影響を可視化した特化パッケージも用意―
News 06.17.2020 Wednesday

電通と連携し、企業向け意思決定サービス「WE.CAPTURE」を共同で提供開始―新型コロナがビジネスに与える影響を可視化した特化パッケージも用意―

特許CI技術(コンセンサス・インテリジェンス技術)を提供するVISITS Technologies株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:松本勝 以下、VISITS)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)において顧客企業のイノベーション創出を支援する専門組織「電通ビジネスデザインスクエア」(以下「BDS」)、有望なテクノロジーへの事業投資・開発支援を行うR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ」(以下「DII」)と共同で、全従業員の声を自社の変革など重要な経営意思決定に活用できるサービス「WE.CAPTURE」の提供を開始しました。新型コロナウィルスが引き起こす業務課題、事業課題に特化した「WE.CAPTURE for COVID-19」のサービスパッケージも同時提供し、コロナ禍だからこそ生じた従業員の意識変化を最短3週間で捉え、自社の変革に活用することを支援します。

<WE.CAPTURE概要>
WE.CAPTUREは、従業員の意見・アイデアを収集・評価・分析・可視化し、経営課題解決への施策提案を行うサービスです。一般的なアンケート調査とは異なり、全従業員から自由な意見やアイデアを幅広く収集し、定量的かつ構造的に評価・分析できることが特徴です。1万人以上の大規模な企業にも対応し、多様な意見・アイデアをカテゴリ化されたマップとして可視化するとともに、VISITS社の「Consulting Cloud(コンサルティングクラウド)」を活用することにより、意見・アイデアとカテゴリは共感度スコアとして定量化され、最短で3週間で実施することが可能です。

<Consulting Cloudとは>
Consulting Cloudとはコンセンサス・インテリジェンス技術(CI技術)という独自の合意形成アルゴリズムを搭載し、オンラインで収集した参加者の意見の重要性を客観的に解析し、自動でマッピング・スコアリングすることにより、重要度の高い課題やそれに対する打ち手を定量的に抽出することが可能です。また、こうした可視化により納得感の高いスムーズな意思決定や、施策の優先度を見出すといった点でも有効です。事業戦略策定・推進に伴走するオンライン上のコンサルタントとして業務プロセスを圧倒的に短縮します。

<特化パッケージ「WE.CAPTURE for COVID-19」の概要>
COVID-19のような社会全体に大きなインパクトを与える事象は、自社の働き方だけでなく事業自体にも大きな変化をもたらします。この変化に迅速に対応するためには、経営層の意思決定によるトップダウンアクションだけでは十分ではありません。事業のバリューチェーンに関わる全ての従業員の意識の変化や、顧客の機微をとらえる現場のアイディアを網羅的に把握し、適切な優先度をつけて実行するボトムアップアクションを促進する必要があります。

WE.CAPTURE for COVID-19は、コロナウィルスが引き起こす業務課題と事業課題の抽出と解決方法の収集に特化したWE.CAPTUREのサービスパッケージです。コロナ禍だからこそ生じた従業員の意識変化を捉え自社の変革に活用するために、以下の3つを可能にします。

・従業員が感じている課題とその解決案を網羅的に収集
・課題と解決策を相互評価し、VISITS社の技術で共感度をスコア化
・個々人、組織、職種、職位による解釈の多様性の可視化

一般的なアンケートとの大きな違いは意見やアイデアへ投票し相互評価を行う点にあります。通常のアンケートでは、表層的な意識調査にとどまるケースが多いのに対し、本サービスでは、収集したアイデアに対して相互評価を行うことで、共感度の高い課題意識や解決策を定量的に抽出するなど、深いインサイトの把握が可能となります。

Consulting Cloudの提供を通じ、社会課題の解決に取り組むパートナー企業とともに、より良い社会の実現に寄与します。

<電通ビジネススクエアについて>
顧客の組織課題解決や事業開発などをクリエーティブな視点から推進する、2017年に創設されたビジネスデザインの専門組織。
HP:https://dentsu-bds.com/

<電通イノベーションイニシアティブについて>
「電通の未来をつくる」というミッションを持って生まれたR&D組織。電通グループの持続的な成長を実現するために、グローバルでの事業シーズの発掘から有望なテクノロジーへの投資・事業開発を推進し、未来の事業基盤の創造に取り組んでいます。

<VISITS Technologies株式会社について>
・社名:VISITS Technologies株式会社
・所在地:東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビルディング2F
・代表者:CEO/Founder 松本勝
・会社HP:https://visits.world/
・事業内容:イノベーション創発クラウド「ideagram」や「Consulting Cloud(コンサルティングクラウド)」を開発するイノベーションテックカンパニー。コンセンサスインテリジェンス技術(CI技術)を活用して事業アイデア発想・定量化を行う「ideagram」や、創造力アセスメントツール「デザイン思考テスト」、イノベーション組織分析エンジン「visiongram」をはじめ、その後の事業性評価に至るまで、イノベーションの創発プロセスをワンストップで科学的にサポート。

■本件に関するお問い合わせ先■
VISITS Technologies株式会社 広報担当 info@vis-its.com

Recommended news おすすめニュース